合格者直伝!宅建攻略のコツ

他の法律系国家資格と比較すれば宅建はそこまで高難易度とは言えませんが、それでもただやみくもに学習するだけでは合格は期待できません。
幅広い試験範囲に対応するには、ある程度攻略のコツというものがあり、それを知っておくだけでもぐんと合格に近づくことが出来るのです。

宅建の難易度を加味すれば、総得点70点中合格確実ラインの目安は40点であると言えます。実際には35点前後となっているのですが、万が一この基準が前後した場合を踏まえて、40点というラインは死守できるよう心がけた方が良いでしょう。
前ページでもご紹介したとおり、専門性が高く、しかも広範な試験範囲をバランス良く網羅しなければならないわけですが、ここで重要になってくるのが「ポイント重視の学習法」です。
国家試験対策ともなれば「すべてを正しく把握していなければ合格できないのではないか」と錯覚しがちですが、必ずしもそうではありません。
重要なのは、「出題傾向を見極め、まずは重要な部分をしっかりと理解しておくこと」
最低限ここを押えておくだけで合格基準はぐんと近づきますし、枝葉としてより詳細な知識を習得しやすくなります。
あくまで基礎に重点を置き、細かすぎるポイントにとらわれすぎないことです。

以上が宅建の難易度を攻略するカギとなりますが、こうした学習を実現するためには教材選びも大変重要になってきます。
宅建といえば、今や人気国家資格のひとつ。
書店の資格コーナーを覗いてみても、非常にたくさんの参考書類が並んでいます。
数あるテキストや問題集の中には、かなりマニアックな知識まで網羅されているものもあるのですが、こうしたタイプは本ページでご紹介した合格対策としては不向きです。
とりわけ初学者であれば、ある程度覚える範囲に的を絞り、コンパクトにまとめられているものの方が有効なのです。
宅建の難易度を効率良くクリアするための教材選びのポイントについては、次ページで詳しく解説することにいたします。
実際の合格体験に基づいたテキスト選びのコツをご紹介していますので、受験生の方は参考にしてみてください!