司法書士への華麗なる転身

司法書士といえば法律系の中では難関国家資格として有名ですが、実は宅建からのステップアップが目指しやすいライセンスでもあります。
実際に、宅建士から転身し、年収アップを図るケースは多々見受けられます。
宅建受験でつけた勉強癖とベースとなる基礎知識をもとに、十分に合格できる資格であると言えるでしょう。

司法書士の主要科目は、「民法」「不動産登記法」「商法・会社法」「商業登記法」の4科目です。このうち、宅建では民法と不動産登記法をしっかりと学ぶことになるので、宅建士の場合、一般的な受験生よりも2科目分のアドバンテージがあることになります。
これは、問題数でいえば全体の約5割が重複する範囲であり、意外にも大部分を占めます。
一般的に「かなり難しい」と思われている司法書士ですが、宅建受験を経ておくことでぐんと攻略しやすくなるというわけなんです。

また、司法書士として活躍する際にも、宅建で得た知識はかなり有益です。
例えば、不動産登記に携わる際、宅建の主要業務となる不動産取引に関するノウハウは必ず求められます。
たとえ司法書士資格だけを持っていても、不動産登記の現場で必要書類の読み込みが出来なければ、それはプロとは言えません。
よって、宅建士として業務経験のある司法書士というのは、実務の現場ではかなり重宝されるのではないでしょうか。
司法書士と宅建士の年収を比較すれば、多くの場合司法書士としての収入の方が高額となりますから、宅建一本で仕事するよりも有利であることは言うまでもありません。

「宅建だけでは高収入は望めない」と不安な方は、ぜひ司法書士への転身も視野に入れ、関連法令の学習をスタートさせてみてはいかがでしょうか?
ベースは備わっているわけですから、頑張り次第では意外とスムーズにダブルライセンスで活躍できる日が来るかもしれません。