意外に多い?行政書士へのステップアップ

法律系国家資格をいくつか持っている方の場合、その足がかりが「宅建」となっているケースは意外と多いようですね。
宅建では、あらゆる法の基本となる「民法」が試験科目として課せられますから、宅建取得をきっかけに他資格への挑戦も比較的しやすいのではないかなという印象を受けます。
資格によっては、宅建にプラスして年収増を目指せるようなものもありますからね。
ある意味宅建は、法律系国家資格の登竜門であるといっても過言ではありません。

さて、宅建からのステップアップの例として多いのが、「行政書士」への挑戦です。
合格後の独立・開業が可能なこの資格は、やり方次第では宅建以上の高年収を見込めますから、取得することによってより一層将来へのビジョンが描きやすくなりますね。
行政書士として開業した場合、土地や建設関連を専門にする際に、宅建で得た知識が活かされてくることでしょう。
取扱業務の範囲が幅広い行政書士ですから、このように専門性を身につけることはかなりのアドバンテージになるはずです。
その道のプロとして認められれば、宅建以上の年収が期待できるというわけですね!

宅建と行政書士では、いずれも「民法」が試験範囲に含まれています。
行政書士試験においてはこの民法からの出題がかなりの割合を占めますから、宅建で基礎を固めておくことこそが合格への近道となること間違いないでしょう。
また、行政関連法の学習においても民法の考え方はベースとなりますので、やはり重要度は高いといえるでしょう。

試験対策、そして合格後の活躍両面において相性の良い宅建と行政書士。
宅建受験で法律の勉強に興味がわいてきたら、ステップアップとして挑戦するのも良いでしょう。