宅建講座講師への道

「宅建で高年収を目指す!」と言っても、一般企業で会社員として働く場合、収入面においてはやはり限界があります。
よほどのやり手営業マンであれば宅建+テクニックで年収大幅増も可能かもしれませんが、ほとんどの場合、「一般的な会社員よりも少し良い」程度にとどまるのではないかというのが正直なところですね。

「宅建資格の知識を活かして年収アップを目指したい」という方で、「人に教えるのが上手」ということであれば、宅建講師として予備校または個人で活躍されてみるのも良いかもしれません。
もちろん最初からガツンと稼ぐことは難しいかもしれませんが、人気講師ともなれば年収1,000万円以上も十分に見込めますし、企業で宅建主任として働くよりも年収増を実現できる可能性もあるのではないかと思います。
宅建といえば毎年20万人ほどの方が受験される人気資格ですから、講師業への需要はある程度高いと言えるでしょう。
また、資格受験は景気に左右されませんから(むしろ不景気で受験が増えることも)、一般企業で働くよりも安定しているかもしれません。

しかしながら、講師業には向き・不向きがある上に、企業以上に実績が重視されますから、安易に方向転換を決断するにはハイリスクであるとも言えます。
また、報酬が発生する授業時間以外の準備時間に意外と時間がかかるため、収入によっては働き方に見合わないといったケースもありそうですね。
誰もが講師として成功できるわけではなく、「宅建で年収アップを目指すはずが、転職前よりも下がってしまった!」という方も意外と多いのではないでしょうか?
ですが、生徒の合否を左右する重要な役割ですから、収入以上にやりがいは十分にあるはずです。

宅建に限らず、資格講師は年収アップの働き方の選択肢のひとつとして人気があります。
教える力に自信があって、熱意を持って受験生と接することの出来る方であれば、大いに活躍できる道であると言えそうです。