ベスト・オブ・“効率の良い学習法”とは?

予備校に通信、はたまた独学・・・?
宅建は一般的なイメージ以上に難易度の高い人気国家資格ですから、学習方法としては様々な選択肢があってあれこれ迷ってしまいますよね。
ひと口に「予備校」といっても講座の種類は豊富ですし、かといって「独学」といえども書店の本棚には宅建対策のテキストが山ほどある。
効率良く、しかも無理なく合格を目指せる学習ツールとは、一体どれなのでしょうか?

宅建の難易度をクリアするための学習方法は、本当に人それぞれです。
予備校で上手くいく人やいかない人、独学でも十分に合格ラインに達することの出来る人、色々ですが、「忙しくて最低限の時間しか確保できそうもない」「やっぱり受験対策はプロに任せたい」という方にオススメなのが「通信教育」という選択肢です。

「国家資格対策に通信教育はどうなの?」と半信半疑の受験生も多いかもしれませんが、予備校や独学と比較すると、通信教育はどんな方にも取り組みやすい学習法であると言えます。
予備校と比べた場合、通学時間を予習や復習にあてることが出来るので、必然的に予備校通学以上の勉強時間を確保できることになります。自分に都合の良い時間帯にいつでも学習できるので、学校のタイムスケジュールに縛られなくて済むのも魅力ですね。
また、使うテキストは宅建の難易度をしっかりとクリアできるように考えられた受験専用教材、しかもスケジュール管理もされているので、独学のように教材選びや学習スケジュールなどであれこれ悩む必要はありません
通信教育とはいわば、予備校と独学のメリットのみを上手に採用した、理想的な学習法なのです。

通信教育といえども、最近ではテキストに工夫が凝らされていたり、映像講義がついていたりなど、かなり充実しています。
もちろん、すでにご紹介したような「合格テキスト」を教材として用いる講座もあります。
「宅建の難易度をクリアするために、通信じゃ・・・」と思い込んでいる受験生には、まずサンプル教材で実際の内容を確認して頂くのが一番良いかもしれませんね。
無料サンプルを提供している講座はそのクオリティに自信がある証拠ですから、まず間違いありません。

次ページでは、実際にサンプル教材が確認できる通信講座をご紹介していますので、気になるものをチェックしてみてください!