宅建合格で年収アップ大作戦

宅建といえば、学生から社会人まで比較的幅広い世代の方に目指されている人気資格のひとつです。
主に「就職や転職に役立てたい」「自己啓発のため」「法律学習の足がかりに」といった動機から取得を志す方が多いようですが、中には「宅建で年収アップを狙おう!」という受験生もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかしながら、宅建で本当に年収増が見込めるのかには少々疑問が残りますね。
宅建で高年収、これは実現可能なのでしょうか?

不動産会社の一般的な求人情報や実際の年収データなどを集約してみると、 宅建資格保有者、すなわち宅建士(宅地建物取扱士)の年収は300~700万円とかなり幅広いようです。
宅建資格を持っていると通常の基本給に加えて月々資格手当てがつきますが、これはあまり大きな金額ではありません。
それ以上に、実態としては宅建試験で得た知識を営業で活かすことで歩合部分を稼ぐことにより、年収アップが期待できるのだと言えそうです。
だから、同じ宅建資格保有者であっても、個々の実績によって年収に大きな差が生じるのではないでしょうか。
つまり、ある程度の年収を目指す上では、あまりに資格頼みにしてはいけないということです。

このように考えると、必ずしも“宅建=年収増”の図式が成り立つわけではないことは明らかです。
こう断言してしまうと「それなら、宅建受験辞めようかな」と弱気になってしまう受験生も多いかもしれませんね。
しかしながら、宅建の活かし方は人それぞれです。
個人の頑張りによって資格が年収に影響することは多々ありますし、逆にまったく作用しないケースも想定できます。
ですが、このことは何も宅建だけに限ったことではなく、実際にはどんな上級資格においても同様のことが言えるというのもまた事実なのです。

色々と議論はあろうかと思われますが、個人的に、宅建は年収アップにつながる可能性のある資格だと思います。
このサイトでは、宅建士の活躍の場を様々ご紹介すると同時に、これから資格取得に挑戦する受験生に向け、宅建受験のポイントを解説していくことにいたします。
すでに資格をお持ちの方は今後のキャリアアップの一助として、そして受験生は合格への道しるべとモチベーションアップのカギとして、このページをお役立て下さい。

宅建で年収アップを目指しましょう!